ゲーセンミカドのカタカナロゴがキーチェーンになりました!
立体を感じさせる3ミリの透明アクリルに130㎜のビッグサイズで存在感バツグン!

ミカドファンにも、レトロテイストのグッズがお好きな方にもおススメしたい見せて映えるアイテムです。



少し前のインタビューなのですが、覚えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。
ゲーセンミカド店長イケダミノロック氏がシューティングゲームについて語る内容の記事のトップにあった
印象深いこの写真…小さなアップライト筐体型キーホルダーとコントローラーが
ぶら下がっていて、強く心を惹かれるものがありました。
もし、ここに新しい物を一つ加えるとしたらどんな形が良いだろうか…ゲームっぽさ、レトロ感、
ほのかに漂うやんちゃ具合…そのアンサーが本製品です。

ウェブサイトスクリーンショットはファミ通.com「高田馬場ゲーセン・ミカド池田店長が語るシューティングの魅力と未来」 https://www.famitsu.com/news/201807/13160698.html より引用

※キーホルダー部分とランキング部分の記事画像は画像処理を施しています



素材はクリアーアクリル。
アクリルそのものは音楽ゲームの筐体やパーテーション等、マーキー等で古くから使われてきた素材です。
これをレーザーで溶断し、ロゴの形に仕上げました。
旧世代のゲームにおける疑似3D表現を思わせるような立体具合、向こうの面が透けて見える風合いが
記憶の奥にある何かを刺激します。
それはきっとゲーマーとしての記憶であったり、過去に夢見た未来…かもしれません。



あえてキーチェーンとしては大ぶりな130㎜サイズとしました。
試作時にもう一回り小さいサイズも製作しましたが、素材の質感や、溶断した面の手触りを
手で握って様々な感覚を味わっていただくにはやはり大きめの方が良いのでははないかと考え、
現在の仕様に落ち着きました。
アクセサリとして身に付けるだけでなく、手で触れた時の食感や、透かしてむこう側を見た時の風景等
様々な角度から楽しんでください。

ポケットに入れて座る等すると強度的に折れてしまう事もありますので、
バッグ等に装着したり、ベルトループ等でぶら下げて使用していただくのがおススメです。



カラーバリエーションはミカドのイメージカラーに寄せた「ケイコウ」と
透けの少ない深紫色がいぶし銀の風合いを醸す「グレープ」をご用意しました。
ケイコウはミカドイメージの他に透け感、3D感を主張する80年代、90年代のサイバーな風合いをイメージ。
グレープは深紫のロック的な雰囲気と、関西圏初売りという事もあり、大阪の元気で派手な雰囲気に
寄り添ってマッチするようなしっとり渋めの色をチョイスしました。
実物の色は図らずもHMRプラズマエナジーの液色にも似た仕上がりです。
…個人的に上田正樹の「悲しい色やね」が好きで、そのイメージの大阪ベイブルースな深い青とどちらにするか最後まで迷いました…
カラーバリエーションは今後少しづつ拡大していく予定です。



1月24日より星狩物語 岸和田店 ゲーセンミカドコラボコーナーにて先行ロケテ発売!

24日、25日はコラボコーナーグランドオープンイベントも開催しますので、
是非足をお運びいただけますと幸いです。

カラオケライブ 星狩物語 岸和田店 店舗ご案内
星狩物語 岸和田店 twitter
高田馬場、池袋ゲーセンミカド、叢雲商店通販でも後日取扱い予定です。




※販売開始日は後日ご案内いたします!発表までしばらくおまちください!




※販売開始日は後日ご案内いたします!発表までしばらくおまちください!




ゲーセンミカド各店舗で販売開始後、通販も開始いたします。
通販開始はtwitter、通販の入荷お知らせでご確認ください。
BOOTH通販のあんしんBOOTHパックは販売者に個人情報を伝える事なくお買い物ができます。






©2006-2019 MIKADO. ALL RIGHTS RESERVED.


copylight MURAKMO Corp.